さぽろぐ

  スポーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2021年04月12日

編集会議の設置(山脈文化協会)

今日のコロナ感染者数は、69人で陽性率は5.2%、この1週間では3.7%で0.9ポイントも増加しました。
現在の患者数は868人で昨日より20人減りましたが、1週間前と比べて16人増加し、入院患者数は1日前の数字で前日より1人増えて484人となりました。
オホーツク管内では、この1週間で前週同様に700人近くが検査を受けていますね。

今日は暑かったですね!
今年初めて作業服だけで外仕事ができました。
も遠軽で20.2度と今年最高で平年より10度以上も高くなり、6月中旬並みとなりました。

今晩は、地元紙「山脈」を発行している山脈文化協会の総会でした。
今年で20年近く連続になる総会議長は、今回で途切れることになりました。
というのも役員のみなさんが高齢のため大幅に入れ替えが行われ、私が副理事長になってしまったからです。
事前に打診がありませんでしたが、できるものは断れない性格なので(笑)

会議では紙面充実のために編集会議を設置することにし、より地域の話題・情報を掲載していくことを確認しました。
昨年に引き続き今年も懇親会を開催できず残念です。  
Posted by kota at 20:40Comments(0)町づくり

2021年03月26日

丸瀬布地域カレンダー

今日のコロナ感染者数は、69人で陽性率は2.5%、この1週間では2.8%では0.2ポイント減少しました。
現在の患者数は729人で昨日より29人増え、1週間前と比べても20人も増加、入院患者数は1日前の数字で前日より13人増えて375人となりました。

今日は、冬に戻った感じで最高気温が遠軽で2.3度、生田原では1.7度と寒かったですね。
ただ、平年と比べると2度くらい低いだけなので、今までが高かったということです。

今日、丸瀬布の地域カレンダーを自治会の班長さんへ配付しました。
丸瀬布では、30年くらい前から地域独自のカレンダーを作っています。
当初は町が作成していましたが、町村合併後は、週刊のミニコミ紙を発行している山脈文化協会という団体が有料で発行しています。

丸瀬布で開催される4月から3月のイベントや学校行事、町の事業を掲載しています。
このカレンダーは、小さな地域で同じ日にイベントをぶつけないようにしようというのが大きな目的のひとつです。

あと、燃えるごみ、不燃ごみ、資源ごみの日がマークで表示されているので、1部1400円ですけど私の自治会でも4分の3の世帯で購入しています。
  
Posted by kota at 18:30Comments(0)町づくり

2021年03月22日

アイヌは開拓の恩人

今日のコロナ感染者数は、50人でやはり月曜日は検査数が少ないため陽性率は5.9%と高く、この1週間では3.2%で0.3ポイント増加しました。
現在の患者数は719人で昨日より5人減りましたが、1週間前と比べて18人増加し、入院患者数は1日前の数字で前日より16人増えて348人となりました。

日本テレビ系列の情報番組「スッキリ」で12日にアイヌ民族への差別表現があった問題を巡り、会員制交流サイト(SNS)の一部でアイヌ民族の存在を否定するようなヘイトスピーチ(憎悪表現)が続いているようですが、身近じゃないからですかね。

私が子どもの頃には、丸瀬布にもアイヌの方が住んでいました。
以前にもこのブログで書きましたが、丸瀬布は1912年(明治45)2月25日に開拓の鍬が入れられましたが、その当時、鮭の獲り方や小屋の作り方、食草や薬草の見分け方、シナ縄の編み方、染料の作り方など北海道の厳しい生活に耐えうる工夫はアイヌのみなさんに学んだものだそうで、もしそれがなければ本州へ帰っていたそうです。
そのため、旧丸瀬布町史では「アイヌは開拓の恩人」として表記しています。
また、開拓50周年記念式で当時在住していたアイヌの方を「町開拓功労者」として顕彰しています。
  
Posted by kota at 21:50Comments(0)町づくり

2021年03月19日

アイルランドイベント「エンアイリッシュテー」

今日のコロナ感染者数は、78人で3日連続で70人超えで少し心配ですね。

今日は、仕事の関係で午後から研修、これからノースキングで懇談会です。

さて、遠軽町が東京オリンピック・パラリンピックにおけるアイルランドのホストタウンとして交流するためにアイルランドイベント「エンアイリッシュテー」が開催されます。

1964東京オリンピックの際、出場選手団が持ち寄ったアイルランド産などの樹種が遠軽町に所在する児童自立支援施設「北海道家庭学校」敷地内に「オリンピックゆかりの展示林」として育成されており、この展示林を縁に、アイルランドとの文化・スポーツにおける国際交流を促進することとなりました。
延期となった2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、アイルランドのホストタウンとして正式登録されたことから、オリンピック・パラリンピックに向けて機運を高めていくとともに、遠軽町民がアイルランドに愛着を持ち、未来に向かって交流を継続していくため、かつ、アイルランドの伝統的なお祭り「セントパトリックス・デー・パレード」が毎年3月17日に行われることから、遠軽町でも「セントパトリックス・デー・パレード」にちなんだイベントとして次のとおり「ENIRISH DAY」が開催されます。

開催場所 道の駅 遠軽森のオホーツク
開催日 3月20日(土)
・ノベルティプレゼント 10:30~15:00
・アイリッシュバンドコンサート18:30~20:00
(事前予約が必要)

・We are エンアイリッシュ10:30~15:00
緑の物(グリーン)やシャムロック(アイルランド国花)などを身に着け、道の駅に来場された方には、イベント記念ミニキャンドルをプレゼント。

3月20日(土)~3月28日(日)
・SNSプレゼント企画:
グリーンを身に付けて、期間内にSNSでハッシュタグ「#ENIRISH」を投稿した方から抽選でアイルランド商品をプレゼントします。
・道の駅グリーンライトアップ18:00~20:00
  
Posted by kota at 16:00Comments(0)町づくり

2021年02月27日

晴れcafé 5周年記念イベント

今日のコロナ感染者数は昨日と同じ43人で陽性率は1.9%、この1週間では2.4%で昨日同様に0.5ポイントも増加してしまいました。
現在の患者数は577人で昨日より24人減少し、入院患者数も前日より17人減って353人となり、ステージ3の350人まであとわずかとなりました。

先週だと思いますが、瀬戸瀬の信号機の点灯法が変わりました。
今までは、高規格道路の終点が瀬戸瀬の時に高規格道路からの通行を優先するため栄野方面からは感知式で時間も短かったのですが、普通の交差点と同様になりました。

昨夜は、中湧別にある「晴れcafé」が5周年記念ということなので行って来ました。
1人なのでカウンターに座って、飲食以外のときはマスクをして2か月半ぶりの外での飲み会でしたが、マスターもマスク着用でカウンター越しにまちづくりについて色々な話ができて楽しかったです。
ただ、しゃべり過ぎて今朝起きたら喉が痛かったです(笑)
おでんも盛りが良く、チーズも初めて食べるものあったので、生ビールと赤ワインが進みました。
普段は手作りケーキとコーヒーがメインの店ですが、明日も手相占いやカラーセラピーなどのイベントが開催されていますので、是非お立ち寄りください!

その後、スナックへ寄ってみようとしましたが、ドアに「湧別町民以外お断り」の張り紙がありましたし、中を覗いたらお客さんが多くコロナも不安なので止めておきました。
旅館へ帰ったらまだ22時前なので、持参したパソコンで仕事をしてしまいました。
ちなみにその旅館の方が、11年前に防火管理者の講習会を一緒に受講した方で今朝帰りがけに話が盛り上がりました。
  
Posted by kota at 20:30Comments(0)町づくり

2021年02月16日

自分の目で確認

今朝4時に除雪車が来たので外を見ると意外に雪は積もっていないし風もない。
丸瀬布は通常通り子どもたちは登校して行きましたが、白滝は臨時休校になったようです。

午前中は2年振りの健診でしたが、胃カメラも鼻から快調に入って胃も食道もきれいで全部で1時間くらいで終わりました。
結果は2週間くらいでわかるそうですが、心配はなさそうです。

その後、遠軽で会議へ行って昼過ぎに帰ってくるとき、瀬戸瀬に来ると急に風が強くなりました。
白滝は、外に出られないくらいだそうで12時30分から高規格道路と北見峠が通行止めになり、現在も開通していないようで白滝支所には車の人が避難しているようです。

今晩は、丸瀬布地域の学校運営協議会がありました。
アンケート結果で生徒の評価と保護者の評価が大きく違う項目がありましたが、そのことについて学校としての今後の対策を聞かせていただきました。
また、学校で起きた事柄が周り回って事実と違って伝わっていることがあると報告されましたが、私はある意味「伝言ゲーム」がきちんとできないのは、子どもだけではなく保護者も同じではないかと思います。

事実はひとつなのに伝えるときにその人の想いが入り込むと、何人か経由すると白いものが黒いものになってしまうことってありませんか?
同じように「誰々さんが・・・と言ってた」から正しいわけではないのに、それに自分の想いが加わって次の人に伝えることを繰り返していくと先ほどのように事実と全く違うものになってしまいますね。
だから私は、極力自分の目で確認することにしています。

このブログを書く時も、できる限り事実関係を色々と調べて書くようにしているので、かなり疲れるんですよ(笑)
  
Posted by kota at 22:30Comments(0)町づくり

2021年02月01日

JR石北本線フォトギャラリーコンテスト

今日のコロナ感染者数は76人で陽性率は5.5%ですが、この1週間では3.8%で0.6ポイント減少しています。
1週間の新規感染報告者数も昨日よりさらに減って765人となりました。

さて、オホーツク管内の自治体等で構成する、オホーツク圏活性化期成会石北本線部会では、JR石北本線ホームページのフォトギャラリーを活用してフォトコンテストを開催しています。
春夏秋冬、四季ごとに季節感のある石北本線の写真作品を募集します。

第二弾は「冬」の写真を大募集!! 
12月から2月にぴったりな写真作品を投稿してみませんか?

募集期間:12月1日(火)~2月28日(日)

対象:JR石北本線応援団ホームページの写真・映像投稿フォームから投稿された写真作品。


オホーツク管内の石北本線(網走駅~白滝駅)で撮影された列車・駅・線路・車窓から見える風景などが対象です。
・立ち入り禁止区域や危険な場所で撮影された作品は掲載いたしません。
・投稿された作品についての著作権に関する一切の責任は当方では負いません。
・投稿された作品はJR石北本線のPRに使用させていただきます。

①石北本線が魅力的に描かれているか。
②季節に合った作品であるか。
③立ち入り禁止区域等で撮影されていないか。
④撮り方や構図に工夫がみられるか。

優秀賞:3名 オホーツクの特産品詰め合わせセット
参加賞:石北本線オリジナルクリアファイル
 ※賞品は、3月の評価終了後に発送予定です。

応募方法:JR石北本線応援団ホームページの写真・映像投稿フォームからご投稿をお願いいたします。

・投稿の際には、撮影場所、撮影時期、お名前、ご住所、ご連絡先を明記してください。
(賞品発送の際に使用いたします。)

参加方法:下記QRコードから作品を投稿


オホーツク圏活性化期成会石北本線部会
事務局:北見市企画財政部地域振興課
TEL: 0157-25-1128
メ-ル:chiikishinko@city.kitami.lg.jp
  
Posted by kota at 18:45Comments(0)町づくり

2021年01月29日

ブルーライト事業への回答

今日は、昼過ぎには職場に戻ることができたのですが、遠軽へ書類を届けに行かなければならなくなったため、事務処理後にそのまま向かいました。
お腹が空いていたので、またハトヤさんへ寄ってダイアナ5個を買い占め帰りの車の中で食べてきました。
19日に初めて購入してから、今日で4回目(笑)
ハトヤさんは遠軽の居酒屋「いろはにほへと」の裏側にありますので、是非一度食べてみてください。

今日の部活は、スキー授業が予定通りできたので、けが予防のため中止となりました。
明日の部活も遠軽町内全て学校で悪天候のため中止となったそうです。
ちなみに湧別も中止とのことで、あとは上湧別のみです。
ただ、午前中は除雪になりそうですけどね。

午後からのジュニアの卒団式は何とか開催できるといいですね。

ところで、12月29日に紹介した遠軽町のスキー場において医療従事者への感謝の気持ちを込めたブルーライト事業について、遠軽町がTBSへ質問状を出していましたが、1月15日の回答期限までに回答がなかったそうです。
報道をしたことに責任を取らない姿勢に憤りを感じますね。
  
Posted by kota at 17:45Comments(0)町づくり

2021年01月02日

子育て支援

穏やかな正月ですが、遠軽でマイナス24度としばれました。
このあと1週間はかなり冷え込むとの予報です。

今日のコロナの新規感染は77人でしたが、陽性率は9.5%でこの1週間は5.2%で前週と比べると0.6ポイント増加しました。

今日は、子育て支援について書きますが、あくまでも個人の想いですのであしからず(笑)

遠軽町では10月から移住を支援する「スローライフ等応援事業」に取り組んでいますが、新型コロナウイルスの感染拡大で、都市部の密を避けて地方での生活や就業に関心が高まる中、すでに道内各地から3件の転入が決まったそうです。

この事業は町に転居したい人や、町内でテレワークや起業をしたい移住者が対象で、40歳未満の若い世代や子育て世帯が町内に引っ越してきた場合、1世帯につき10万円と、高校生以下の子ども1人につき5万円を支給されます。
ほかにも、テレワークを希望する移住者に通信環境整備費を最大20万円、移住者が空き店舗や空き家を活用して事業を始める場合に建物の改修費を最大200万円、それぞれ支給するなどのメニューがあり、複数の助成金を併用できます。

また、遠軽地区(遠軽町、湧別町及び佐呂間町)以外から遠軽高校に通学する生徒と町内の下宿等から通学する生徒の保護者に対する費用の一部助成も行われています。
とても良い取り組みだと思いますが、町民の子育て世代のみなさんからは子育て支援を手厚くしてほしいという声を聞きます。

特に遠軽高校へ通学する場合、白滝と留辺蘂はJR運賃が同じですが、定期券の月額だと白滝は38.6kmなので12,630円、留辺蘂は37.4kmなので12,340円と白滝の方が高いのです。
そして町外の生徒の場合は定期券を購入して通学すると購入額の2分の1以内の額で上限月額1万円ですから6,000円が助成されます。
また、下宿等した場合は、下宿等の費用の2分の1以内の額で上限月額3万円が助成されます。
白滝の生徒が旭川など町外の高校へ進学する割合が高いのは、このようなことも影響しているのかもしれませんね。

遠軽高校の間口を維持することはとても大事なことで、そのために町外からの入学を増やす取り組みは必要だと思います。

ただ、生まれた子どもの人数が2年後には減っているというデータもあります。
遠軽は転勤族が多い町ですから、その世帯が遠軽で産んでその後転出し、その人の後任は単身赴任というのもあるかもしれませんね。
町民アンケートでも子どもの医療費の無料化についての要望が多く載っていましたが、それも要因なのかもしれません。

なお、町のHPで検索すると無料化については議会やまちづくり会議で何回か質問がありましたが、町としては高校卒業までトータルで子育て支援を考えていくとのことでした。
さて、このままでいいのでしょうかね。

  
Posted by kota at 18:25Comments(0)町づくり

2020年12月31日

コロナに負けるな!年越し花火

今朝は今シーズン一番のしばれで幌加内などではマイナス30度以下となりました。
生田原でもマイナス21.2度で白滝では最高気温でもマイナス10.5度ど冷え込む年の瀬となりましたね。
仕事も15時頃に無事終了してひと安心です。

コロナは東京が1300人超えと大変なことになっています。
若い人の割合が多いのが気になりますね。
北海道も小樽でのクラスターが心配です。

今年もあと2時間ちょっとで終わります。
今年はコロナの影響で様々なイベントが中止になりました。
丸瀬布でも最大のイベントである観光まつりをはじめ藤まつりなどが中止になってしまいました。

今晩は、観光まつりで打ち上げるはずだった花火を丸瀬布地域で打ち上げました。
これは、花火を通して沈んだ雰囲気を吹き飛ばし、地域の活力回復の一助になることを願ってのことです。
10分くらいでしたが、とても心が落ち着くひとときでした。

日常が早く戻ることを願い、2020年の書き込みを終わります。
みなさんも良いお年をお迎えください!  
Posted by kota at 21:40Comments(0)町づくり

2020年12月30日

コロナ交付金の使い道続き

今日も日中の気温が上がらず寒かったですね。
うちの職場は今日で仕事納めですが、私は明日も午後から仕事です。

今日のコロナの新規感染は133人でしたが、陽性率は4.6%でこの1週間は4.4%で前週と比べると0.3ポイント減少しました。
ただ、オホーツク管内がこの3日間で2人、1人、2人と感染が確認されているので心配です。

ところで、昨日書いた内容について次のように北海道新聞でも取り上げられていました。

財務省は道内自治体の通学かばん配布事業など「想定外の使い道」の例を発表し、暗に便乗と指摘するが、自治体側は「事業はコロナに十分関連する」と反論。
専門家は住民が関与する中で行き過ぎた支出かどうか点検すべきだと訴える。

道内では、上川管内東神楽町の新小学1年生への通学かばん配布が問題視された。町が以前から子育て支援策として検討しており、来春の約100人分(1人1万5千円)などにかかる事業費として交付金を申請した。町まちづくり推進課は「コロナ禍で経済的な打撃があった保護者の負担軽減になる」と説明する。

オホーツク管内遠軽町がスキー場で行った青色のライトアップも挙げられた。医療従事者を応援する国内外の取り組みに呼応して、5~6月に実施した。町は「病院関係者から勇気づけられたとの声が寄せられた」(総務部)と意義を強調する。

札幌大の藤巻秀夫教授(地方自治法)は「使い道は国が縛るべきではない。議会に加え、住民が予算の使い道をチェックする協議会を設けるなど透明性を高める取り組みが求められる」と話す。

~以上北海道新聞より抜粋~

藤巻教授が言うように国が使い道を縛るべきではなく、住民(議会)が良しとするならそれでいいんじゃないかと思います。
  
Posted by kota at 20:00Comments(0)町づくり

2020年12月29日

コロナ交付金の使い道

今年もあと2日となりましたが、今日仕事が休みだったので午前中正月用の買い出しに遠軽町へ行って来ました。
さすがにスーパーは高齢者が多かったですね。
まだ、正月休みに入っていない職場が多いですからね。

さて、コロナは昨日に続いてオホーツク管内から1人の感染が確認がされました。
ところで、コロナ対策に対する国からの交付金が全国の自治体へ交付されていますが、遠軽町では5月12日から6月30日までの期間にロックバレースキー場においてブルーライトアップを行いました。

このことについて、11月25日にTBSテレビの朝の情報番組「グッとラック!」でコロナ対策に便乗した交付金の使い方をした問題のある事業の一つとして紹介され、コロナ対策と関係ないことが疑われる支出があるとして、疑問視する報道がされました。

この時期、遠軽紋別地域1市7町村の基幹病院である遠軽厚生病院で4月中旬からクラスター(17人)が発生し、さらに町内の障がい者支援施設においても11人の患者が確認されましたが、医療・福祉従事者のたゆまない努力により、7月2日をもって施設関連のクラスターは全て終息しました。
その間、昼夜を問わず、命がけでコロナウイルスと闘っている遠軽厚生病院職員と障がい者支援施設職員をはじめ医療・福祉従事者に対し、敬意と感謝を込めて厚生病院はもとより中心市街地から見ることができるロックバレースキー場で実施したもので、町内の民間宿泊施設など複数の事業所においても同時期にブルーライトのライトアップを自主的に実施されており、町ぐるみの取り組みとなったと思います。

このことに対し「グッとラック!」を視聴した人たちから「医療者への感謝、光で癒すための青色ライトアップ。これで数百万。は? しばくぞ自治体。って感じ。役所が金もらう言い訳に医療者使うなよ」のようなコメントがありました。

私たち地元からすると「当時の医療現場の実態や事業の趣旨を全く理解していない実に不誠実な番組内容」だと思います。
  
Posted by kota at 19:25Comments(0)町づくり

2020年12月07日

遠軽町日本ハム応援大使

コロナ感染者数に一喜一憂してはいけないですが、感染率が下がっているので希望がありますね。

昨日の北見カップにはあの審判員が来てくれていたそうですが、私に会えずに残念とのコメントをいただきました。
私も久しぶりに会いたかったのですが、次回どこかで飲めるようにしたいと思います。
今週末は日曜日のジュニアの新人戦のため、前乗りで網走にチームスタッフで泊まる予定なので会えるかもしれませんね~
ただ、私は途中でデートのため抜けますが(笑)

さて、昨日日本ハムのファンフェスティバル2021があって、ついに日本ハム応援大使に遠軽町が決まりました。
その選手は「杉谷選手、谷内選手」です。
杉谷選手は、パフォーマンスが良いので楽しみですね。
  
Posted by kota at 20:20Comments(0)町づくり

2020年11月08日

新そば例会

今日は、遠軽高校で練習試合でしたが、明日の仕事の準備のため行くことができませんでした。

コロナ感染者の増加が止まりません。
オホーツク管内は、昨日と同様に2人。
濃厚接触者とのことですが、私の地元で感染者が出たとの情報が飛び交っています。
でも、先日お知らせしたとおり休診している医療機関の件で誤った情報が出ているようです。
その医療機関は、念のため先週の金曜日までの休診しているのですが、もし感染者が出ているなら来週までの2週間休むはずですからね。

今日本来ならそばまつりを予定していましたが、コロナウイルスの影響のため延期したため、新そばを味わう例会にしました。
私は早めに会長宅へ行って、鍋の準備を手伝いました。
会員でも玄関で検温とアルコール消毒をして感染対策を施しました。

今年の新そばは苦みが少なく食べやすいものでしたが、来年は私の希望が叶って品種を替えて作付けすることになりました。
また、竹を使った器の燗酒は飲みやすく飲み過ぎました。  
Posted by kota at 23:55Comments(0)町づくり

2020年10月28日

新そばまつり延期

今日、部活は生徒会の関係で休みなるかもしれないと保護者から連絡があったので、ジュニアの練習に行きました。
1日の大会に向けて今日しか顔を出せませんから、このチームにも必要な声を出すことと相手を見て準備をすることを最後の練習で伝えないといけませんからね。
今回で4回目の練習ですが、私の想いは伝わっているようなので、少しずつボールがつながってきています。
ただ、もう一つやりたい練習まで到達できなかったので心残りですが、大会当日の活躍を期待しましょう(笑)

今晩は、新そばまつりの打合せ会議がありました。
今日、北海道はコロナ対策の警戒ステージを2に引き上げました。
さらに25日と27日にオホーツク管内で感染者が出て、遠軽地区広域組合から職員の感染が発表されました。

そのことを受け議論した結果、11月8日の開催にこだわるわけではないので、今年度中の開催に向けて延期することにしました。
なお、販売した協力券については、返金して次回開催するときに再度販売することになりました。
  
Posted by kota at 21:30Comments(0)町づくり

2020年10月18日

いこいの森閉園式

昨夜、打合せが終わってノースキングで食事をすることになり、どうせなら泊まって飲みましょうか、ということになりましたが、残念ながら満室のため200gのステーキをノンアルコールビールで付き合いました(涙)

今日は、丸瀬布中学校の学校祭でした。
オープニングセレモニーではダンスが披露され、バレー部女子2人が頑張っていました。
今年はコロナウイルスの関係で合唱の代わりに全校生徒と教職員でボディーパーカッションを披露しましたが、太ももが腫れるくらい練習したそうでとても良かったですよ。

途中、換気のため40分ほど休憩があったのでプレミアム商品券を買いに行きましたが、100人以上の人が並んでいてビックリしました。
えんがる商工会でプラス1,000円したので10,000円で14,000円分となり、1世帯5セットまで総数2,500セットということでみなさん売り切れになる前に購入しようと並んだと思うのですが、10時からの発売時には150人以上になっていたと思います。
ただ、10時30分頃には並ばなくても購入できたので並ぶ必要はなかったですね(笑)

学校祭に戻るとバレー部の男女3人が演劇に出演していて中々の熱演でした。
この後、いこいの森の閉園式のため、紋別へ尾頭付きのサケを購入行かなければならないので、もうひとつの演劇を見ることができませんでした。

今年のいこいの森は、5月中旬に開園しましたが、前年比80数パーセントと善戦しましたね。
売上金額は、利用料の値上げもあって昨年並みになったそうです。
今日は、とても暖かくて閉園式日和でした。
閉園式終了後に、私が所属する郷土史研究会が主催する雨宮21号の格納式ですが、カメラマンが例年より多く感じました。
これから雨宮21号関係の新しいグッズもできるかもしれないので、来年も多くのみなさんに来園していただきたいですね。

今晩は、遠軽の焼肉店に行ってきます。  
Posted by kota at 17:15Comments(0)町づくり

2020年10月12日

アイルランドフェア

昨日、春高バレーの途中で丸瀬布へ戻って路線バスに乗って森のオホーツク道の駅へ行って来ました。
アイルランドフェアに行くためですが、実は道の駅へ行くのは初めてでした。
中々行く機会がなくて今回やっと行くことができましたが、1階フロアのデビューに終わりました(笑)

今回はギネスビールが魅力的だったのですが、ノースキングの伊藤料理長が焼いた牛肉も美味しかったです。
12時半過ぎから15時半までの3時間、缶ビール2本とアイリッシュウィスキーのロック1杯、それに生まれて初めてのハイボールを数杯でお腹いっぱいになったはずなのに、夜にはまたビール(笑)

このアイルランドフェアは、延期となった2020東京オリンピック・パラリンピックにおいて、アイルランドのホストタウンとして登録される予定であり、オリンピック・パラリンピックに向けて機運を高めていくとともに、町民がアイルランドに愛着を持ち、未来に向かって交流を継続していくためキックオフイベントとして実施したものです。

1964東京オリンピックの際、出場選手団が持ち寄ったアイルランド産などの樹種が遠軽町に所在する児童自立支援施設「北海道家庭学校」敷地内に「オリンピックゆかりの展示林」として育成されており、この展示林を縁に、アイルランドとの文化・スポーツにおける国際交流を促進することとなりました。
  
Posted by kota at 17:00Comments(0)町づくり

2020年10月09日

JR石北本線フォトギャラリーコンテスト

今朝も寒かったですね。
白滝では2.4度今シーズン最低でした。
今晩も澄み切っているので放射冷却現象のため、明日の朝は同様に冷え込むんでしょうね。
某ヒゲの人が一人キャンプでいこいの森に来るということですが、明日の夜も冷え込みそうですよ。
まっ、彼なら大丈夫でしょう(笑)

夕方、OG2人の祖母の通夜に行って来ました。
現在は、コロナウイルス対策で参列できませんが、通夜の前1時間半程度をお参りの時間に設定されているので、こちらは助かります。
ただ、遺族は弔問客への対応時間が長くなるのでどうなんでしょうかね。
祖母がいなくなったことでOGたちが丸瀬布へ来る機会がなくなってしまうのが残念ですが、遠軽でも飲もうって約束してきました。

JR石北本線応援団ホームページの写真・映像ギャラリーを活用し、投稿された写真作品を対象にフォトコンテストを開催いたします。
春夏秋冬、四季ごとに開催いたします。

第一弾は、秋の写真を募集します。

9月から11月の季節にふさわしい作品を大募集!!
あなたの自慢の作品を投稿してみませんか?

◆応募期間 9月16日~11月30日

◆注意
・投稿される際には、撮影地、撮影時期、お名前、住所、連絡先を必ず入力してください。(賞品発送の際に使用します。)
・投稿された作品についての著作権に関する一切の責任は当方では負いません。(第三者の作品を許可なく投稿する行為はご遠慮ください。)
・立ち入り禁止区域や危険な場所で撮影された作品は掲載いたしません。
・投稿された作品は石北本線のPRに使用されることがあります。
  
Posted by kota at 20:15Comments(0)町づくり

2020年10月07日

第4回まるせっぷ新そばまつり

昨夜、母の友人であり、バレー部OG2人の祖母が亡くなったと連絡をいただきました。
時間も遅かったので母のところへの電話を躊躇して私への連絡となったようです。
先月から相次いで数十年来の友人の訃報を聞いた母は辛そうでした(合掌)

さて、今年も我がそば愛好会のそばが無事収穫されました。
最終的な収量については確認できていませんが、地域の方から「今年も新そばまつりやって!」との声が会員へ届いていることから、先日の打合せでコロナウイルス対策を行いながら第4回目まるせっぷ新そばまつりを実施することになりました。

日時 11月8日(日)11時00分~13時30分
場所 丸瀬布中央公民館 講堂
提供数 250食限定
協力券500円は、そば愛好会会員にお問い合わせください。
  
Posted by kota at 17:30Comments(0)町づくり

2020年10月02日

雨宮21号を救った山賊会

今日は、仕事が長引いたため部活へは行くことができませんでした。

今晩は、郷土史研究会の「山賊会」でした。
今回も各自が酒の肴を一品ずつ持ち寄り、町村合併の話から北海道農業をどうするかなど面白い話題になりました。

この会は、かなり歴史があって中秋の名月の時に開催しますが、以前は闇鍋だったと聞いています。
そして色々な話題を肴に酒を酌み交わしたようですが、その大きな話題のひとつ雨宮21号がスクラップになるという情報に、この会のメンバーが中心となって阻止することになりました。

新丸瀬布町史より抜粋

昭和31年9月の十五夜の宵、緑ヶ丘スキー場の麓で年に一回の「山賊会」が催された。
頭目の仲屋武兵はじめ高沢富雄、松村菊治、谷口豊、平田多喜男、山内金一、松本忠行、秋葉實、野村豊治、伊豆田忠司である。
暴飲暴食喧嘩口論のさなか「官行の汽車がなくなるぞ!」という叫びに、一瞬しんとなった。
汽車は32年3月末で廃車し、一台10万円位ですべてスクラップにされることになったのだそうである。
何とかしようという協議のすえ、谷口が古物商鑑札を有するということで、一番古い雨宮21号を買い取ることになり、酒の勢いもあって「おれは2万円出そう」「おれは5千円」とまたたく間に寄付額面がまとまった。
ところが、一夜明け酔いがさめると、機関庫とか用地、維持費など10万円どころですまないことが判った。
思案のはてに谷口と秋葉が翌朝越前町長を訪れ「機関車は寄付するので、保存策を講じてほしい」旨を要請した。
町長は、早速吉田署長へ掛合いをした結果、営林局とも協議のうえ、廃棄処分を取り消し林鉄資料として同署に保存することが決まったのである。
  
Posted by kota at 23:55Comments(0)町づくり