さぽろぐ

  スポーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2010年10月11日

飛躍の予感

今日の練習は、お約束どおりスパイクレシーブを1人2カゴずつやりました。
スピードに慣れるためなので体育館の角スペースを使って逃げられないようにしてやりました。

最初は腰が引けていましたが、初心者1年生も結構向かってこれるようになりました。
ただ、腰高が直らず低いボールに全く反の出来ない生徒もいるので、単独練習の時には少し距離を縮めてたまにやりましょう(笑)

あとは滝上の先生秘伝の3本返し。
4人しかいないので、1組2分ずつ4回にしておきましたが、あと1人いるとグルグル回すことができたんですけどね~

土曜日に初心者1年生の1人がスパイクのタイミングをつかめていないようなので、いつも言っていることですが、「まずボールを見て飛ぼう」と言ったところ、たまたまスパイクジャンプのこつをつかんだようで、上から叩けるようになりました。
本人も「鳥になったようです!」と言っていました。
元々普通にジャンプをして上で停まれる生徒だったので、期待はしていたのですが、今日の練習でもかなり飛んでいましたので、これから飛躍の予感です。
もっとバレーが楽しくなるでしょうね!

以前も書きましたが、ちなみに私がスパイクの極意(笑)として初心者の生徒に言うことは「見る、飛ぶ、叩く」です。
まずはボール軌道を見て、次に飛ぶことだけに専念し、それから打つこと、ですよね~
  
Posted by kota at 21:00Comments(0)バレーボール