さぽろぐ

  スポーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2014年09月28日

北海道ふるさといきものの里フォーラムまる大会

御嶽山が噴火し多くの方が犠牲になっているようです。
ガスが発生し救助活動もできなくなっているそうです。

皇后杯は、残念ながら大谷中学校は東海大学に負けましたね。
旭川実業は、決勝で山の手にフルセットの末敗れました。

昨日、バレーの大会からやまびこ温泉の隣の施設で開催されていた「北海道ふるさといきものの里フォーラム」に参加しました。

このフォーラムは今年で23回目で環境省の「ふるさといきものの里100選」に指定されている道内4ヶ所のうち、3ヶ所の指定地で活動している自然に関わる関係団体による集まりです。
札幌と栗山から20人と丸瀬布昆虫同好会の会員がそれぞれの取り組みなどを報告し、翌日はフィールドワークです。

私が着いたときすでに基調講演は終わっていましたが、各団体からの報告を聞くことができました。
今回気になった言葉が「所ist(トコロジスト)」です。
その地の専門家(ist)という意味の造語だそうで、その場で「地」を加えて「所地ist」のほうがわかりやすいということになりました。

夜の懇親会は、マウレ山荘のレストランで1次会、2階の宴会場へ移動して2次会、その後大平へ星空観察へ行き、私たちの泊る小宴会場で3次会。
ビールにワイン、日本酒そして最後に生ビールと結構飲みました。

今日のフィールドはウチダザリガニの駆除でしたが、私は遠軽での葬儀に参列するため出られませんでした。
葬儀終了後に合流しましたが、すでに昼食タイムでカレーライスのほかザリガニの塩茹でと白滝産のジャガイモのいも団子と澱粉団子を食べていました。

最後に雨宮号に乗っていただきお帰りになりました。
来年は札幌開催ですが、私は札幌の活動の拠点である西岡水源池に行ったことがないので、そこで開催していただけるようお願いしました。
  
Posted by kota at 21:00Comments(0)町づくり