さぽろぐ

  スポーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2016年02月17日

天使の囁き記念日

道北の幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994年(平成6)に制定しました。
天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのことです。
1978年(昭和53)2月17日、幌加内町母子里の北大演習林で氷点下41.2℃という最低気温が記録されました。
しかし、気象庁の公式記録の対象から外れていたため、1902年(明治35)1月25日に旭川市で記録された氷点下41.0℃が公式の日本最低気温となっています。

ところで、幌加内といえば中学の時に友人と2人で旭川から自転車で江丹別~下幌加内~鷹泊ダムへ行きキャンプをする予定でしたが、駅でダムへの道を聞いたときに「やめたほうがいい」と言われました。たしかに市街地から6kmも奥に入った場所でしたし周りに住宅なんてありませんでしたから、無謀でしたね(笑)
ダムから駅に戻った頃には、すでに暗くなっていて駅員の方が「駅の隣にテントを張れ!」とのご厚意に甘えましたが、秋の初めころですごく寒かった記憶があります。
鷹泊駅は1995年(平成7)9月4日深名線の廃線に伴い廃止となりました。

次の日は、鷹泊~多度志~納内~神居古潭~旭川のルートを帰ってきましたが、近道と思って行ったら砂利道の峠でひどい目に遭いました(笑)
その頃の私たちは、留萌まで日帰りで行くなど1日で150km以上走っても楽勝でしたが、2日で約100kmの割に峠も多く、今でもきつかった思い出となっています。
  
Posted by kota at 23:30Comments(0)その他