さぽろぐ

  スポーツ  |  その他北海道

ログインヘルプ


2013年10月10日

丸瀬布の歴史

10月10日、旧体育の日はやはり天気がいいですね~

今日、遠軽のロータリークラブで丸瀬布の歴史についてお話をしてきました。
30分という短い時間だったので、かなり端折らざるを得ませんでしたし、時計がなかったので最後は早口になってしまい聞きづらかったのではと思いました。

それでも、終了後「勉強になった!」とお世辞でも言っていただき安心しました。

丸瀬布は、農業開拓、国有林、鉱山で発展した地域です。
中でも、当初の開拓者が亡くなったあと農場を買い取った水谷政次郎氏の功績は多大です。
丸瀬布の地名や橋、通りに名前が残っているくらいです。

このお話も、もう少し整理して持ち時間ごとに話をできるようにしておきたいものです。

今晩は、夢里塾の例会でした。
24日に遠軽高校で「森林鉄道から見る丸瀬布の歴史(仮称)」のお話を行うので、その構成の打ち合わせです。
100分の授業時間を5人が分担して行いますが、今回の私の出番は10分ほどです。

これから画像などを整理してストーリーを考えます。
高校生にまちづくりの楽しさなどが伝わればと思いますね~  
Posted by kota at 23:55Comments(0)町づくり